• twitter
  • Imstagram
  • 046-874-8811

  • 【診療時間】9:30~13:00/14:30~19:00
    【休診】木曜、日曜/祝日

一般歯科

一般歯科について

一般歯科では、主に虫歯や歯周病の治療を扱っています。当院では患者様のさまざまなご要望にお応えするために、保険治療と自費治療の両方に対応しています。それぞれの治療にメリット・デメリットがあるので、当院はできるだけわかりやすく説明し、患者様がライフスタイルに合うものを選びやすいように配慮しています。当院が最も大切にしているのは、地域の皆様のお口の健康を守りたいという想いです。

虫歯について

虫歯はお口の中に存在するミュータンス菌などが原因で発症します。
虫歯の原因菌は歯垢(プラーク)の中で増殖し、食べ物などの糖分を取って酸を出して歯を溶かしていきます。
虫歯の侵食が始まると歯が全体に白っぽくなったり、部分的に黒ずみが出てきます。
早期であるほど簡単な治療で済みますから、ぜひ痛みが出る前に当院で治療を受けてください。

虫歯の進行

C1

歯の表面のエナメル質で虫歯の浸食が始まっています。痛みや沁みる症状は出ませんが、黒くなるなどの見た目の変化で認識できます。

C2

エナメル質の内側にある象牙質に侵食が及んでいる状態です。冷たいものや甘いものが沁みる症状が出てきます。

C3

虫歯が歯の神経に到達しています。激しい痛みが出ますし、冷たいもの、温かいものが沁みます。根管治療が必要になります。

C4

歯の見えている部分がほとんどなくなり、神経も死んでいます。当院はできるだけ歯を残す努力をしますが、抜歯の可能性が高いです。

虫歯の治療

虫歯は治療をしても再発しやすい病気です。詰め物や被せ物はどんなに精巧に作ってもスキマや段差をゼロにはできないからです。詰め物や被せ物が大きいほど、虫歯菌が侵入するスペースが広がりますから、できるだけ少ない治療で済むように早期に治療を受けましょう。また、お口の中の環境を良くすることで虫歯のリスクは低くすることができますから、当院は定期的なメインテナンスや、セルフケアのスキルアップを呼び掛けています。虫歯予防をしたい方は、ぜひ当院にお越しください。

根管治療について

「根管」とは神経が通っている歯の中の細い管です。虫歯菌などが根管内部に侵入すると、歯の根っこの部分が悪くなっていきますので、抜歯しなければならないリスクが高まります。根管治療は根管の内部の菌を除去することで、歯を残すために行う治療なのです。

歯周病について

歯周病は歯周病菌の働きで、歯を支えている骨などの歯周組織が破壊されていく病気です。歯ぐきが腫れたりブラッシングの際に血が出たりする症状で気づく方も多いですが、放置すると徐々に歯がぐらついてきて、最終的には歯を失うことになります。日本では成人した人の大部分が発症していると言われていますが、治療を始めていない方が多いのが実情です。身体の抵抗力が落ちると歯周病の進行も進む傾向があるので、年齢が上がるほど歯周病が重症化します。ぜひ早い段階で治療を受けましょう。

小児歯科とは

お子様の歯は乳歯が生えてくるところから始まり、数年のうちに永久歯に生え変わることもあって変化が速い特徴があります。親御様の中には、「生え変わるなら少しくらい虫歯になっても良いのでは?」という考えを持つ方もいらっしゃるようですが、乳歯が虫歯にかかるとその下の永久歯に悪影響を及ぼします。また、お口の中の環境を良くするケアを学ぶことは、お子様の生涯に大きなプラスになりますから、ぜひ当院で定期検診を受けてください。

お子様の虫歯予防

予防が大切です

お口の健康は楽しくおいしく食事をすることに関連しているだけでなく、身体の健康にも大きな影響を与えます。歯周病にかかっていると歯を失う可能性が上がるだけでなく、糖尿病や心臓疾患などのリスクも上がることが分かっています。楽しく健康に暮らすためにも、まずは当院で検診を受けることから始めましょう。

ページトップへ戻る