• twitter
  • Imstagram
  • 046-874-8811

  • 【診療時間】9:30~13:00/14:30~19:00
    【休診】木曜、日曜/祝日

歯周病治療

歯周病とは

歯周病は細菌感染症の一つです。歯周病菌の作用で歯肉や歯根膜、歯槽骨などが溶かされていくのが歯周病のメカニズムで、歯槽骨が減ると歯を支えられなくなって歯が脱落することもあります。初期には自覚症状が少ないので気づきにくいですが、症状が出始めたころにはかなり進行していることが多い病気です。歯の周りに炎症がある時に歯が動くと炎症を助長させ、歯周病の進行を早めてしまいます。口臭が気になりだした、歯肉が腫れているなど症状があれば、早いほど治療がしやすいので、できるだけ早く当院にお越しください。

歯周病の原因

歯周病の原因となるのは歯垢(プラーク)の中に生息する歯周病菌です。プラークは食べ物のカスと思われがちですが、実は虫歯菌や歯周病菌が集まってできた物体なので、食べ物のカスとは異なります。歯周病菌が出す毒素で歯肉に炎症が起きると、歯周ポケットが深くなっていきます。すると歯周病菌はさらに深いところにも炎症を起こすようになり、歯を支える歯槽骨が溶かされて、歯がぐらつき始めます。

歯周病の進行

歯周病は歯ぐきの病気と思われていますが、この認識は正確ではありません。
歯周病を発症すると歯ぐき(歯肉)でも炎症は起こりますが、
次第に歯周ポケットが深くなり、歯を支える歯槽骨も溶かされていく病気だからです。

歯肉炎

歯肉の周辺に歯垢(プラーク)がたまると、炎症が起きて歯肉が腫れてきます。原因は歯垢の中の歯周病菌です。

歯周炎(軽度)

歯周病が進行すると、徐々に歯周ポケットが深くなっていき、歯肉だけでなく歯槽骨の破壊が始まります。

歯周炎(中度)

歯周ポケットが深くなり、歯槽骨の破壊も進みます。歯周病は初期には痛みはありませんが、この段階では痛みも出てきます。

歯周炎(重度)

歯槽骨が大きく溶けて痛みもあります。膿によって口臭がきつくなりますし、歯のぐらつきが進み、最終的には歯が脱落します。

歯周病と全身疾患

歯周病は歯を失う原因となりますが、被害は全身に及ぶ可能性があります。歯周病菌が出す毒素は血液に侵入して全身に回り、さまざまな個所でトラブルを起こすからです。例えば心臓であれば狭心症や心筋梗塞の原因になることもありますし、脳の血管に影響して脳梗塞を起こすこともあります。また、早産や低体重児出産につながることもありますし、骨粗しょう症や糖尿病にも関連することが知られています。さらに、食べ物と一緒に歯周病菌が肺に侵入すると、誤嚥性肺炎を起こす原因になると言われています。歯周病も誤嚥性肺炎も年齢が上がるほどリスクが高まりますから、ぜひ若いうちから歯周病の予防や治療に取り組みましょう。

歯周病が引き起こす全身疾患

脳梗塞・認知症

狭心症・心筋梗塞

誤嚥性肺炎

糖尿病

肥満

早産

骨粗しょう症

歯周病の予防

歯周病は、症状が進むと最終的には歯を失ってしまう疾患です。そのため、なるべく早い治療を受けることが大切になります。そして何より、日ごろから歯周病を予防するためにお口のケアをすることがとても重要です。歯を守るための予防の基本となることは、ご自身での正しい歯磨きと歯科医院での定期的な検診です。当院では、患者様の歯を一本でも多く残すことに努めています。長く健康な歯を保つためにも、一度当院へお越しください。お口から健康維持のサポートをいたします。

ページトップへ戻る