• twitter
  • Imstagram
  • 046-874-8811

  • 【診療時間】9:30~13:00/14:30~19:00
    【休診】木曜、日曜/祝日

口腔外科

口腔外科について

口腔外科とは、歯科の中の一つの専門分野で、顎や口腔内、顔やその周辺に現れる疾患を扱う診療科です。
口腔外科で扱う疾患は様々で、対象も幅が広く、歯ぐきに埋まっていたり、横向きに生えてしまった親知らずの抜歯から、
交通事故やスポーツなどで生じた外傷などの外科的疾患以外にも、唾液腺の疾患や口腔内の粘膜の疾患、
神経性疾患などの内科的疾患も含まれます。治療により顎や口腔内、顔やその周辺の本来あるべき形態や機能を
回復させるためのサポートをおこなうのが口腔外科です。

親知らずの抜歯

虫歯ではないのに奥歯に痛みや違和感があった場合、もしかしたら親知らずが原因かもしれません。親知らずは「第三大臼歯」や「知歯」とも呼ばれ、奥歯のさらに奥に萌えてくる歯を指します。10代後半頃から萌え始めます。親知らずの治療が遅くなると、歯列に影響を及ぼして虫歯や歯周病の原因になりかねません。親知らずの抜歯には専門的な診断が必要ですので、まずは親知らずが萌えてきたと感じたら、当院へご相談ください。

顎関節症

顎関節症の症状には、お口の開閉時に顎が鳴る、口が大きく開けづらい、顎の関節や咬むときに使う筋肉が痛いなどという症状がございます。また、顎だけでなく、全身的に関与している場合もございますので、場合によっては専門医をご紹介して治療にあたっております。顎関節症を引き起こす原因の一つに歯の咬み合わせの悪さ・歯並びの悪さがあげられます。虫歯を治したときに歯に被せる金属などの高さの調節の悪さや、親知らずなどの萌出時による歯列の乱れなども顎関節症を悪化させてしまう要因となります。本来の正しい咬み合わせを回復させることができれば、顎関節症を軽減できます。一度咬み合わせの確認のためにもぜひご来院ください。

歯ぎしり・食いしばり

歯ぎしり

歯ぎしりは夜だけではなくお昼にも起こります。音のあるものだけでなく、音がでない歯ぎしりをしている人もいます。歯ぎしりはストレスや、噛み合わせが原因といわれています。そして歯ぎしりは睡眠の妨げになるだけではなく、歯周病を悪化させたり、歯をすり減らし歯の寿命を縮めたり顎関節症を引き起こしたりします。

食いしばり

起きている時間に、無意識のうちに歯が接触し、さらには強い力で噛みあわせている状態です。通常、上の歯と下の歯は、接触していない状態です。それがなんらかの原因で食いしばっているのです。食いしばりの原因は、ストレス、性格、遺伝、服薬、飲酒、喫煙、特定の疾患(中枢神経系の障害、睡眠呼吸障害)など、様々な原因が関与していることが報告されています。

スポーツ・マウスガードの作製

スポーツマウスガードはラグビーやアメリカンフットボール、アイスホッケー、フィールドホッケー、ラクロス、ボクシング、空手などのコンタクトスポーツで広く使用されています。マウスガードは強打による衝撃を和らげる効果があり、装着していない場合には歯が折れたり唇や舌、顔面などを負傷したりすることがあります。また、脳震とうなどの発生率や重篤度を低減させることが報告されています。さらに、お口や歯を守るという効用だけでなく、マウスガードを噛みしめることで強い瞬発力を生み出し、集中力を高めるということが最近の調査報告から明らかになっています。そのためこれまでマウスガードが普及していなかったスポーツ、例えばゴルフや野球、パワーリフティングなどでも使われ始めています。

大学病院との連携

当院では、診断の結果難しい治療を必要とする際には、患者様が安心して治療を受けられるように、より専門性の高い大学病院の口腔外科を紹介させていただく場合もございます。また、お口や舌などの粘膜の疾患に関しても専門機関と連携してスムーズな紹介ができるように努めています。お口や歯について、不安やお悩みのある方はお気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る